第8回 日本公衆衛生看護学会学術集会

ご挨拶

会長 野村美千江 会長 野村美千江  第8回日本公衆衛生看護学会学術集会を、2020年1月11日(土)、12日(日)の2日間、愛媛県の松山市総合コミュニティセンターにおいて開催いたします。日本公衆衛生看護学会は会員の半数以上が、保健師をはじめ看護師、助産師、養護教諭、その他公衆衛生に携わる実践者で構成されているところに特徴があります。毎年の学術集会には全国各地から約1,000人が集い、この度、四国で初めて開催されます。

 本学術集会のメインテーマは、「公衆衛生看護のプロフェッショナリズム―学び合う文化の醸成―」です。テーマには3つの意味が込められています。一つ目は、社会的公正を活動の規範とし、公衆衛生を担う看護専門職としての倫理性と使命です。二つ目は、言語や価値観の異なる他分野の専門職や市民と学び合い、育ち合う風土をつくる信念です。三つ目は、プロフェッショナルであると同時にコミュニティに生きる個人であることを自覚し、その市民性に磨きをかける姿勢です。これを機に、私の・あなたの・我々のプロフェッショナリズムを高めるきっかけになれば幸いです。

 特別講演では愛媛に認知症地域ケアの種を蒔かれた池田学先生をお迎えし「地域包括ケアの推進とプロフェッショナル育成」というテーマで講演いただきます。シンポジウムは各分野の第一線で活躍する方々と「市民とともに地域をつくるプロフェッショナル」を討論します。教育講演ではメインテーマに関する基本的な考え方を講話いただき、プロフェッショナルセミナーは災害看護管理や実践への研究活用に焦点を当てます。ワークショップは本学会の各委員会や関係団体主催のほか実践家に役立つ内容を企画し、学術集会の宝である一般演題ポスター発表とともに交流を深める機会となることを期待します。

 本学術集会は、愛媛県と20市町を代表して副会長二人体制とし、実践者と教育研究者の合同企画委員会が中心となり準備を進めています。愛媛の保健師活動アーカイブやご当地イチオシ活動展示など、愛媛の保健活動に触れていただければと存じます。また、市民公開講座には第1回日本サービス大賞地方創生大臣賞を受賞された永井康徳先生をお迎えし「在宅医療が地域を変える―『人生会議』から『看取り』まで」をご講演いただきます。市民とともに学び合う豊かな時間となることを願っています。

 寒さ厳しい季節、ゆったり温泉に浸かりにおいでんかな。

第8回日本公衆衛生看護学会学術集会

  • 会長
    野村美千江(愛媛県立医療技術大学)
  • 副会長
    森田 圭子(愛媛県東予地方局、全国保健師長会)
  • 副会長
    亀田 真美(松山市保健福祉部、全国保健師長会)
  • 企画委員会、実行委員会、事務局一同
学術集会事務局
愛媛県立医療技術大学
保健科学部 看護学科
〒791-2101
愛媛県伊予郡砥部町高尾田543番地
E-mail: japhn8@epu.ac.jp
運営事務局
(株)ユピア
〒456-0005
愛知県名古屋市熱田区池内町3-21
FAX: 050-3737-7331
E-mail: japhn8@yupia.net
日本公衆衛生看護学会